HOMEジョーティシュ基礎ジョーティシュの詳しい解説コンサルテーション体験談エッセイFAQ
   
Bright of Jyotish
   
説明
自分の弱点と強さを知る
結婚生活と相性
土星のゴチャが変わります。さてあなたは?
天文学とジョーティシュ
誕生時間選定は必要か
上昇星座の支配星はどこにいるか
ゴチャの影響とは?
波動プログラムとヤギャ
優しいジョーティシー
星があらわす適職とは
運命と自由意志
運命を変えるヴェーダ科学とは
予測されていた株の大暴落
起こりうる未来と真の未来
理想の伴侶とは?
物事の成功には、最初が大切
木星の好影響はあなたにとってプラスか?
驚くべきヤギャの効果
予測が当たらないとは?
星の解釈は、なぜ矛盾する事があるのか?
良い星と悪い星とは?
支配星とは何か?
コンサルテーションはなんのためか
   
関連書籍紹介
   
home
『結婚生活と相性』
文・TM教師 井岡治彦
 

ジョーティシュの分野には、相性診断というとても有益な技術があります。古代からインドでは、とくに結婚は家族にとっても大変重要な出来事でしたし、結婚をアレンジするのは両親でしたから、この分野はとてもよく研究されてきました。

今でもインドの伝統を尊ぶ家系では、両親が自分の息子や娘に適切と思う相手を見つけると、お互いのチャートを交換して、専属のジョーティシーに相談します。ジョーティシーは、さまざまな観点から、両者の相性を分析し、幸福な結婚生活となるかどうかを検討します。まず、一番に見るのは、火星(マンガル)の位置です。これは、マンガルドーシャといってこの相性が不適切ですと、結婚後、相手の健康が悪くなったり、早死にしてしまうと言われています。ですから、マンガルドーシャのある人は、ある人と、また、ない人はない人同士で結婚することが望ましいのです。ちなみに、マンガルドーシャとは、火星が、第1,2,4,7,8,12室にある場合です(これ以外に他の星が、それを中和する場合もありますから、詳しくは、ジョーティシュコンサルテーションを受けることをお勧めします)安心しましたか? ほぼ半分は、マンガルドーシャとなっています。結婚適齢期の人たちの半分が、マンガルドーシャかどうかは不明ですが、それほど特殊なチャートというわけではありません。ですから、マンガルドーシャだからといって結婚できないとか、し難いというわけではなく、ただ同じマンガルドーシャ同士で結婚するほうが、お互いに幸福になれるということでしょう。

次に見るところとしては、月のナクシャトラと呼ばれる27の分類です。ナクシャトラには、いくつかの質があるのですが、この相性を分析して、双方の健康、富、幸福、子孫、性生活、食生活、などの傾向が、よくマッチングするかどうかを検討します。(最古の占星学の中で、その相性診断表を掲載しています)もちろんその他にも、ラグナやその他の星のバランスなども検討します。現代のように、恋愛中心の結婚ですと、とてもそこまで冷静に分析などできませんので、まさに運任せということになってしまいます。その場合、結婚運の良い人は、幸福な結婚生活を楽しめるのですが、悪い方の場合ですと、好きになって結婚したのに・・・・。こんなはずではなかったということになりかねません。好き嫌いというのは、一時的な感情にしかすぎないかもしれませんし、いっしょに生活してみると、変ってしまうという場合もあるでしょう。また、たとえそれが運命だとしても、不幸になるために結婚したいとは誰も思わないでしょう。ですから、ヴェーダの知識を活用することをお勧めします。『まだ来ぬ危険を避ける』のが、マハリシ・ジョーティシュのモットーです。

そして、すでに結婚している方々で、もし相性が悪かったとしても、別れるというのは最後の選択でしょう。その前に、ヴェーダの知識や技術を活用するべきでしょう。そうすれば、その相性も改善できるはずです。運命的な影響力を改善するヤギャと個人の努力が必要でしょう。まず、相手が自分に対してどうであるかより、自分が相手に対してどうしているかを考えるのが、その最初の改善の一歩となるでしょう。

   
マハリシ総合教育研究所
ジョーティシュ・アドミニストレーション

Tel 0287-68-1103
|home|