HOMEジョーティシュ基礎ジョーティシュの詳しい解説コンサルテーション体験談エッセイFAQ
   
Bright of Jyotish
   
説明
自分の弱点と強さを知る
結婚生活と相性
土星のゴチャが変わります。さてあなたは?
天文学とジョーティシュ
誕生時間選定は必要か
上昇星座の支配星はどこにいるか
ゴチャの影響とは?
波動プログラムとヤギャ
優しいジョーティシー
星があらわす適職とは
運命と自由意志
運命を変えるヴェーダ科学とは
予測されていた株の大暴落
起こりうる未来と真の未来
理想の伴侶とは?
物事の成功には、最初が大切
木星の好影響はあなたにとってプラスか?
驚くべきヤギャの効果
予測が当たらないとは?
星の解釈は、なぜ矛盾する事があるのか?
良い星と悪い星とは?
支配星とは何か?
コンサルテーションはなんのためか
   
関連書籍紹介
   
home
『天文学とジョーティシュ』
文・TM教師 井岡治彦
 

天文学とジョーティシュでの見解には、かなりの開きがあります。数年前だったでしょうか?大きなすい星が木星に追突するということで、かなり話題になったことがありました。ちょうど来日していた、ジョーティシーに伺ったのですが、ジョーティシュ的には、まったく問題ないということで、一笑に付されてしまいました。実際に、世界的にもまるで問題はなかったわけです。

 また、皆既日蝕という現象もありました。世界の天文ファンばかりか、一般の人たちも、これはチャンスとばかりに、天を仰ぎ見ては、観測に夢中になったりしたものでしたが、ジョーティシュ的には、太陽や月の蝕を見ることは、あまり好ましいことではないということなのです。特に胃腸の働きには良くない言われています。もし一生懸命観測していたなどという方がいらっしゃれば、その後いかがでしたでしょうか? 心当たりがあれば、ご連絡してください。

 そもそも天文学も実は、ジョーティシュから始まったのではないでしょうか。朝日新聞に掲載されていた記事によると、ケプラーの法則で有名な、あの天文学者のケプラーが残した天文チャートが、なんとジョーティシュのチャートにそっくりではありませんか。ケプラーは、たいへんよく天体の観測を行った人でしたが、おそらく、その目的は、ジョーティシュの正確な予測をするためであったのかもしれません。

 しかし、天文学は単に天体の位置や動きを観測するものだと、一般には考えられてしまっています。もし天文学を勉強したら、明日の試験の問題がわかるなんてことになると、天文学もずっとポピュラーなものとなっていたと思います。ジョーティシュには、それほどの潜在力があるのです。

 ある有名な話ですが、ある国の王様が、ジョーティシーの鼻を明かしてやろうということで、ある日質問をしました。『私が今日はどの門から出て行くか当ててみてください』ジョーティシーはその質問に対してこのように答えたそうです。『今答えたのでは、王様はすぐに別の門から出て行ってしまうでしょうから、そのお答えは紙に書いておくことにしましょう。そして、王様が城に帰ってきたときに、それを見てください』王様は、ジョーティシーが答えを紙に書き、家来に渡したのを確認すると、城の壁をぶち抜いて、そこから出て行きました。城には4つの門があったのですが、王様はなんとそのどれでもなく、まったく新しい門を作ってそこから出て行ったのです。これなら予測があたるわけがないと考えたのでしょう。

 ところが帰ってきてみると、なんとジョーティシーが書いた紙には、『王様は、今日は壁を壊して新しい門から出て行くでしょう』と書いてあったのです。どうしてジョーティシーは、王様の考えを見抜けたのでしょうか? ジョーティシーが見たのは、実は王様の心ではなく、そのときの天体の位置だったのです。すべての出来事を天体の動きから分析するのがジョーティシュです。それをほんとうにマスターすれば、何でもわかるということになるはずです。

   
マハリシ総合教育研究所
ジョーティシュ・アドミニストレーション

Tel 0287-68-1103
|home|