HOMEジョーティシュ基礎ジョーティシュの詳しい解説コンサルテーション体験談エッセイFAQ
   
Bright of Jyotish
   
説明
自分の弱点と強さを知る
結婚生活と相性
土星のゴチャが変わります。さてあなたは?
天文学とジョーティシュ
誕生時間選定は必要か
上昇星座の支配星はどこにいるか
ゴチャの影響とは?
波動プログラムとヤギャ
優しいジョーティシー
星があらわす適職とは
運命と自由意志
運命を変えるヴェーダ科学とは
予測されていた株の大暴落
起こりうる未来と真の未来
理想の伴侶とは?
物事の成功には、最初が大切
木星の好影響はあなたにとってプラスか?
驚くべきヤギャの効果
予測が当たらないとは?
星の解釈は、なぜ矛盾する事があるのか?
良い星と悪い星とは?
支配星とは何か?
コンサルテーションはなんのためか
   
関連書籍紹介
   
home
『運命と自由意志』
文・TM教師 井岡治彦
 

 99年と言う年は、以前からいろいろと言われている年ですから、それなりの興味も高まっています。しかし常に重要なことは、私たちがそのキーを持っているということを自覚することでしょう。私たちがシナリオライターであり、その演技者であり、また観客でもあります。運命の行く末は、自身の手の中にあるのです。

 また幸運なことにも、私たちはそれを知る知識にも恵まれています。もちろん神様ではありませんから、全てを知ることはできないでしょう。しかし、かなりなことまで知ることができます。その上で、運命を改善する努力を積むことができるということは、幸せなことでしょう。

 マハリシはそのことを100%の運命と100%の自由意志とおっしゃっています。矛盾するように聞こえるかもしれませんが、突き詰めて考えるとそうなります。運命の影響が強い場合には、もしそれが肯定的な良いものであれば、あまり努力しなくても成功した。ということになりますし、それが否定的な影響であれば、『こんなに努力しているのになぜ良くならないのか』ということになるでしょう。

 チャートで見てみますと、第九室は幸運を表しています。ですから、そこによい星があれば、幸運度は増します。木星や金星があると知識や豊かさに恵まれるわけです。また、どこかの室の支配星がそこに位置していれば、その室の事柄に関して幸運に恵まれるということになります。

 例えば、それが第五室(教育)の支配星であれば、あまり努力しなくても良い教育が受けられますし、第四室(家)の支配星であれば、家や乗り物に恵まれる。あまり努力しなくても、いつも良い環境に住めるというわけです。もちろん、この反対の場合もあるわけですが、その場合にもそれが得られないと言うことではなく、努力が必要になる、または時間がかかるということです。ですから、けっして否定的になって悩んでしまったり、決めつけないことが大切でしょう。むしろそれがわかると安心したりするものです。

 ある方の場合には、第十室(仕事)の支配星が第八室(弱点)にありました。案の定、仕事にはいつも不満があって、転職を望んでいました。つまりその運命の影響を受けていたわけです。しかし、それがジョーティシュで指摘されますと、その方の不満はかなり減少したのです。

   
マハリシ総合教育研究所
ジョーティシュ・アドミニストレーション

Tel 0287-68-1103
|home|