HOMEジョーティシュ基礎ジョーティシュの詳しい解説コンサルテーション体験談エッセイFAQ
   
より詳しい解説
   
概要
9つのグラハ
12のラーシ
27のナクシャトラ
宇宙の対応要素
グラハ/ラシ/ナクシャトラ
誕生チャート
ダーシャシステム
ゴチャ
マハリシ・ヤギャ
グローバル・ヤギャ
国家のためのヤギャ
   
home
27のナクシャトラ(月宿)
サンスクリット語のナクシャトラは「朽ちないもの」という意味です。27のナクシャトラは意識を表します。それぞれのナクシャトラは、意識のある特質を表しています。ナクシャトラは宇宙全体に浸透しています。ラーシの中に位置するナクシャトラは、ラーシの質に影響を与えています。同じように、グラハはナクシャトラの中に配置されており、その特質は、ある程度、ナクシャトラに依存しています。マハリシ・ジョーティシュでは、27のナクシャトラは27等分された円弧で表され、それぞれが13度20分の範囲を持っています。27のナクシャトラの順番は、メーシュ・ラーシのアシュヴィニ・ナクシャトラから始まります。
 
地球を基準とした27のナクシャトラの円
 
この図は、27に等分されたナクシャトラの順番を、サンスクリットの名前と番号と共に示したものです。各ナクシャトラは13度20分の角度をもちます。地球から見ると、月は、この27のナクシャトラの円を約27日で通過します。したがって月が一つのナクシャトラを通過するには、約一日かかることになります。この図では、月は、カルク・ラーシのプシュヤ・ナクシャトラを通過しています。また太陽は、メーシュ・ラーシのアシュヴィニ・ナクシャトラを移動しています。他の惑星も27のナクシャトラを移動します。
ナクシャトラ・パーダ:各ナクシャトラは四つに等分されます。各部分は13度20分÷4=3度20分です。これらの部分は、ナクシャトラ・パーダ、一、二、三、四と呼ばれます。解釈に当たっては、各ナクシャトラ・パーダの独自の意味を考慮します。
 
   
マハリシ総合教育研究所
ジョーティシュ・アドミニストレーション

Tel 0287-68-1103
|home|